AX日記(不定期)Part32
'10.02-'10.05

←Part31


2010.02.01
フロントガラスに突如、ヒビが入った…。(涙)

飛び石とかではなくて、自然発生的に。フロントガラス左下のフロントピラー付根の角から、3本のヒビが上に向かって伸びている。すでに20cmくらいの長さ。

AX には良くある事例(下記URL参照)のようだけど、まさか(やはり?)自分のAXにも起こるとは…。

http://minkara.carview.co.jp/userid/359064/blog/9017741/
http://blog.goo.ne.jp/keiryopopo/e/5f3caa27bfae96772af429efe5f9f113

とりあえず、ネットで見積もりを取っているが、どうなることやら…。

2010.02.04
早速だが本日、フロントガラス交換作業中。明日、受取りの予定。
自動車ガラス専門店のネットワーク「グラスピット(http://www.glasspit.com/)」から、2/1のうちに見積もりを取り、翌日に依頼決定、作業を行なう加盟店へのガラス配送で一日置いて、本日2/4に最寄りの加盟店にクルマを持ち込み、現在作業中。
トータル4日間で済むのはかなりスピーディーだ。作業を依頼した加盟店は、地元ではそこそこ知名度のある自動車ガラス専門店で、通勤途中にあるのでアクセスは楽だ。
作業は通常、「5〜6時間のお車お預かり」らしいが、「季節柄(接着剤乾燥時間上)、できれば1晩お車を預からせて頂ければ助かります」とのこと。代車は無料。ちなみに代車は、初代ダイハツ・ムーヴ。

なお、フロントガラス交換の見積もりは下記の通り。「ブロンズタイプ」は初期のキャブAXが該当するのだろうか。私のAXは「グリーンタイプ」。

 屮哀蝓璽鵐織ぅ廖廚鮖藩僂両豺
   ガラス代  :\28890
   工賃   :\24800
   付属部品  :\8300
   ガラス清掃料 :\1000
   ---------------------
   計\62990(税抜) ⇒ 計\66140(税込)

◆屮屮蹈鵐此蔽磧縫織ぅ廖廚鮖藩僂両豺
   ガラス代  :\36450
   工賃   :\24800
   付属部品  :\8300
   ガラス清掃料 :\1000
   ---------------------
   計\70550(税抜) ⇒ 計\74078(税込)

持ち込み時にヒビの原因を訊ねたところ、「サッシのサビによる変形がヒビ発生の原因となる可能性もある」とのことだったが、ガラスを外してみたところ、サッシにサビはなかったと電話連絡。
ただし、新しく用意したモールが仕様変更?で細くなっており、このまま付けると塗装のヤケ等でできた線が出てきて目立ってしまうとのことで、古いモールを再利用してもらうことに。そのため、使用しないモール代は価格から引くとのこと。

2010.02.05
クルマを受け取ってきた。
ガラスだけピカピカだが、違和感なく仕上がっている。
支払いは、下記の通り。モール代\8,300が引かれているぶん、見積もりよりも安くなっている。

フロントウィンド:\28,890
フロントウィンドガラス入替:\24,800
破損ガラス処理料:\1,000
---------------------
計 \54,690(税抜)
計 \57,425(税込)

フロントガラスのメーカーは、ベルギーのSoliver社製(純正はフランスのSaint-Gobain社製)だった。とはいえ、メーカーのロゴを見ない限り純正と見分けがつかない。それにしても、思ったより安く済んだ気がするのだが、純正だと幾らするんだろう?

残念なのは、(見積り時にわかっていたことだが)輸入車用ガラスは「グラスピット」で行なっている「安心ガラス補償」が受けられないこと。これは、無料で1年間の補償が、ガラス代の5%で3年間の補償が受けられるもの。まあ、この補償自体が店舗の補償ではなくてガラスメーカーの補償なので仕方ないのだが。

後になって気付いたのだが、ボンネットステー根元の樹脂パーツが壊されていてステーがプラプラになっていた。作業した本人は壊したことに気づいているはずだと思うのだが…。引渡し時には、何も断りなし。こういうことがあると、作業したお店への信用を確実に落としますね。
整備に出すと、大なり小なりこんなトラブルが必ずあるので、もはやいちいちクレームつけるのも正直言って面倒だ…。
ボロい車だと、作業する人の扱いもそれなりになってしまうのかもしれない。「もともとボロいから、まっいいか〜」って。

2010.02.07
最近の燃費。(12/15〜2/7、日付順)

15.6、15.5、16.7、15.4、15.7、15.7、15.4*、14.9、 14.6* km/L

*印は、ハイオク:レギュラー=1:1のもの。そのほかはすべてハイオクのみ。季節柄、雪道が増えてきたので、最近は少し燃費が悪くなっている。

2010.02.09
プリウスのリコールが話題になっているが、AXのリコールについて(いまさら)覚え書き。
国土交通省のサイト(http://www.mlit.go.jp/jidosha/carinf/rcl/index.html)でAXのリコール情報を検索してみると下記のものが出てくる。
私のもリアウィンドウにシールが貼ってあるから、いずれかのリコール対策を行っているようだが、はてどれだったか。それにしても、リコールって、いつまで有効なんだろうか?

届出番号:リコール 外-0663-0
届出日:1997年12月17日
不具合装置:その他(その他)
対象台数:5,087台
輸入/製作期間:1991年12月04 日〜1994年07月04日
E-ZAKD:VF7ZADD0000DD6101〜VF7ZADD0004DD0420, VF7ZADE0000DE0413〜VF7ZADE0005DE0492
E- ZAKF:VF7ZADM0000DM1183〜VF7ZADM0002DM4418
状況:音響機器のオーディオ本体の配線基盤において、当該基盤の製造工程が不適切なため、コンデンサが損傷しているものがあり、そのままの状態で使用を続けると、当該コンデンサの端子間が短絡して、スピーカに過大な電流が流れ、最悪の場合、火災にいたるおそれがある。
対策:全車両、オーディオ本体を良品と交換する。暫定措置として、改善措置対策が完了するまでの間、オーディオの使用中止等の周知をする。

届出番号:リコール 外-0514-2
届出日:1994年02月24日
不具合装置:圧力制御伝達部
対象台数:1,819台
輸入/製作期間:1987年09月11日〜1991年12月03日
E- ZAKD:VF7ZAZX0000ZX0731〜VF7ZAZX0000ZX2135, VF7ZAZW0000ZW6587〜VF7ZAZW0001ZW2786, VF7ZADD0000DD1040〜VF7ZADD0000DD8340, VF7ZADE0000DE0323〜VF7ZADE0000DE7182, VF7ZAZX0000ZX0722〜VF7ZAZX0000ZX0779, VF7ZAZW0000ZW9242〜VF7ZAZW0000ZW9543
E- ZAK1:VF7ZAZK0000ZK0442〜VF7ZAZK0007ZK9823
E- ZAK2:VF7ZAZD0000ZD5001〜VF7ZAZD0005ZD3763
状況:主制動装置の油圧発生部(マスター・シリンダ)内部に、組立時に使用した石鹸水が混入したためシリンダ内部に錆が発生するものがあり、そのままの状態で使用を続けると、ゴム製ピストンカップが損傷し、最悪の場合、油圧を保持できなくなり、制動力が低下するおそれがある。
対策:マスター・シリンダを良品と交換する。

リコール 外-0514-1
届出日:1994年02月24日
不具合装置:ライニンク゛/ハ゜ット゛
対象台数:74台
輸入/製作期間:1990年01月25日〜1990年06月04日
ZAKD:VF7ZAZX0000ZX0722〜VF7ZAZX0000ZX0779, VF7ZAZW0000ZW9242〜VF7ZAZW0000ZW9543
状況:後輪用制動装置(ドラム式)のブレーキライニング(摩擦材)とブレーキシューの接着に不十分のものがあり、このままの状態で使用続けると、当該接着部に錆が発生し、最悪の場合、ブレーキライニングがシューから剥離して、制動力が低下するおそれがある。
対策:後輪ブレーキシュー(ライニング付き)を良品と交換する。

届出番号:リコール 外-0513-2
届出日:1994年02月24日
不具合装置:圧力制御伝達部
対象台数:2,395台
輸入/製作期間:1990年02月16日〜1992年02月19日
E-ZAKD:VF7ZAZX0000ZX0622〜VF7ZAZX0000ZX2166, VF7ZAZW0000ZW9047〜VF7ZAZW0001ZW2793, VF7ZADE0000DE0291〜VF7ZADE0000DE7446, VF7ZADD0000DD0906〜VF7ZADD0000DD9168, VF7ZAZX0000ZX0627〜VF7ZAZX0000ZX1027, VF7ZAZW0000ZW9042〜VF7ZAZW0001ZW0275
状況:主制動装置の油圧発生部(マスター・シリンダー)内部に、組立時に使用した石けん水が混入したためシリンダー内部に錆が発生するものがあり、そのままの状態で使用を続けると、ゴム製ピストンカップが損傷し、最悪の場合、油圧を保持できなくなり、制動力が低下するおそれがある。
対策:マスター・シリンダーを良品と交換する。

届出番号:リコール 外-0513-1
届出日:1994年02月24日
不具合装置:ライニンク゛/ハ゜ット゛
対象台数:72台
輸入/製作期間:1990年02月16日〜1990年05月22日
E- ZAKD:VF7ZAZX0000ZX0627〜VF7ZAZX0000ZX1027, VF7ZAZW0000ZW9042〜VF7ZAZW0001ZW0275
状況:後輪用制動装置(ドラム式)のブレーキライニング(摩擦材)とブレーキシューの接着が不十分なものがあり、このままの状態で使用を続けると、当該接着部に錆が発生し、最悪の場合、ブレーキライニングがシューから剥離して、制動力が低下するおそれがある。
対策:後輪ブレーキシュー(ライニング付き)を良品と交換する。

2010.03.14
26万キロ突破した。

最近の燃費。(2/9〜3/14、日付順)

15.9、15.4*、14.7、15.9*、 14.5、15.6*、14.4 km/L

*印は、ハイオク:レギュラー=1:1のブレンドのもので、走行距離の2/3はこの状態で走行している。
わずかにハイオクのみより燃費が良い気もするが、4回平均で0.5km/Lの差しかないから、まだなんともいえない。

2010.04.12
600kmほど一気に高速道路を利用。ふだんはめったに使わないのだが、土日1,000円を享受しておこうと。いつものことだが、高速道路を走ると、エンジンの調子が良くなる。アイドリングのバラつきが減り、フケ上がりも劇的に良くなる。クルマの健康のためには、たまには高速道路を走らないといけないなと痛感。

前回のエンジンオイル交換から6,000km走ったので、ジ○ームスにてオイル交換。
今回は、ピットメニューの「エンジンオイル交換+オイルフィルター交換」で。通常会員価格4,800円のところをクーポン券を使ってエレメント込みで3,163円也。エンジンオイルの銘柄は「Mobil Super 2000 10W-40 SM 部分合成油」で3.2L入ったとのこと。いつもの4L缶での購入と違って余りが出ないので、補充用のオイルを別に用意しないと。

2010.04.19
半年ぶりくらいの洗車。SOFT99のカラーワックス「カラーエボリューション(レッド)」使用。
タイヤ交換もしようと思っていたけど、洗車で疲れちゃったので、GWへ後回し。

ソーラーバッテリーチャージャーを「Meltec I-15」(出力約0.2W)からmade in Chinaで巨大でアヤシゲな1.5Wものに変更。同じくリアハッチトレイの上に配置、常時通電なトランクルームランプのプラス配線から充電。

2010.04.30
山じゃまだ吹雪いていたりする(蔵王エコーラインや八幡平アスピーテライン通行止め)らしいが、もう桜も咲いたし、スタッドレスタイヤから夏タイヤへ交換。
スタッドレスタイヤは、車検時のトー調整が効いたのか、偏摩耗はなかった。あと2シーズンはイケそうだ。
夏タイヤは、昨年に引き続き社外ホイール付の「Bridgestone T's-02 165/50R15」。155/65R14のスタッドレスからの履き替えだと、目地段差でのキツイ衝撃や振動でタイヤの薄さとホイールの重さを身にしみて実感する。しばらくすると慣れちゃうんだろうけど。

タイヤ交換時に、フロントのブレーキパッドを点検。「FERODO Premier」に交換して、約3万キロ走行し、厚みは半分くらい。左内側のパッドの減りが少し多いが、スライドピンが渋いのかもしれない。

2010.05.05
最近の燃費。(3/20〜5/1、日付順)

15.4*、17.0、15.2*、16.3、14.4*、15.4、15.3、15.2、 16.4* km/L

*印は、ハイオク:レギュラー=1:1のブレンドのもの。3/14の結果と合わせて平均燃費を比較すると、ブレンドとハイオクオンリーでは燃費に差はない。ブレンド7回平均15.5km/L、ハイオク9回平均15.4km/L。ただし、ブレンドでは低速高負荷時にノッキングすることが時々あった。

つづく…


このページは GeoCitiesです 無料ホームページをどうぞ



1